ポータルサイトビジネス実践講座

コンテンツライティングで「読みやすい文章」を書くためのルール

・導入

読みやすい文章を書くためのルール

記事のテーマは一つだけ

専門用語をいきなり使わない

一文を短く →日本語は最後まで読まないと結論が分からない

・一文が長いと読む時にストレスを感じる

主語と述語の一致

主語→述語は、「誰(何)が→どうした」「誰(何)は→どうだ」。 この関係にズレがあると一文の意味が通じない。

<主語と述語がズレている例>

(×)田中君の言い分は、鈴木さんが勝手にやったと責任逃れをしていて、自分を守ろうとしていた。
(o)田中君は、鈴木さんが勝手にやったと責任逃れをして、自分を守ろうとしていた。

(×)アメリカから出した手紙は、友達の中で太郎くん 1人だった
(o)アメリカから手紙を出した友達は、太郎くん 1人だった

(×)日曜日の練習は、全員がそろって練習できる貴重な日です
(o)日曜日は、全員がそろって練習できる貴重な日です

形容詞は係る言葉の近くで使う

理由や事例を述べて、深掘りをする

営業を学ぶことは重要です。

(なぜ?)どれだけ良い商品があったとしても、営業力 がなければ売れないからです。

(例えば?)実際、開業してもまったく儲からない歯科医 や士業(弁護士、司法書士など)は多いです。これは、 単に営業力がないからです。

同じ言葉(単語・表現)を近くで連発しない

o 彼はサッカーがかなり大好きです。練習もかなりし ており、かなり上達しています。

o 彼はサッカーが(とても)大好きです。練習も毎日しており、日を追うごとに上達しています。

話し言葉ではなく、書き言葉を意識する

・アフィリエイトではターゲットにする相手によって言葉遣いを変える

・マッチング、リストマーケティングでは、必ず「書き言葉」

急に話題を変えない(クッションが必須)

細かいルール

 「たり」は二度用いる

 むずかしい漢字は使わない。読みにくい。

 「」の最後に。は不要

 !や?のあと、1スペースあける

 ただし、「」の最後にある!や?はスペースを あけない

 「い」抜き

 「の」の連続を避ける(3連続は禁止)

 二重否定は使わない

 必ず「です・ます」にする

 「」を用いて意味を分かりやすくする

まとめ