ポータルサイトビジネスとは

ポータルサイトビジネスを成功させるためのポイント

ポータルサイトビジネスとは何か?収益化のパターンまでを徹底解説」でポータルビジネスの概要を理解できたと思います。

ポータルサイトを作り始める前に、いくつか押さえておくべきポイントがあります。ここで説明するポイントを押さえていくことで、アクセスが集まりやすいサイトを作ることができます。

反対にこれらのポイントを無視してしまうと、アクセスが集まらず収益があがらない「ゴミサイト」となってしまうため、じっくり読んで理解しておいてください。

人気サイトを作るには「情報を出し惜しみしない」

「どういうサイトが検索者にとって有益なのか」「どんなサイトが人気サイトなのか」と疑問を持つ人は多いです。人気サイトを作る上で最も重要なポイントは「有益な情報だけを発信する」「有益な情報を出し惜しみしないこと」です。

人気サイトになれないサイトの特徴として、「ここから先はメルマガの特典にします」「これ以降の内容は出版する本に書きます」などと言って、全てを公開しないことがあります。

ただ、これでは人気サイトにはなれません。人を感動させられるレベルのコンテンツでなければ人気サイトを作ることはできません。

ファンを作れるサイトというのは、質の良い情報をあらゆる角度から提供しています。それには圧倒的なコンテンツの質と網羅性が必要なのです。

週間少年ジャンプの理論

週間少年ジャンプが良い例です。週間少年ジャンプは漫画の内容をすべて公開しています。しかし、週間少年ジャンプで読んだ漫画を単行本でも買う人がほとんどです。ストーリーも絵も全て同じにも関わらずです。

これは「週間少年ジャンプに掲載される漫画のファンになっている」からこそ、単行本が売れるのです。

ポータルサイトでも同じように、「この人が紹介するものなら間違いない」と思ってもらえるようなサイトにしなければ収益はあがりません。有益な情報をすべて公開していくことで信頼感を増すことができます。

ロングテールを積極的に狙う

検索キーワードは「ビッグワード」「ロングテール」という2つに分類されます。エンジニア転職を例に取ると「エンジニア転職」という検索キーワードはビッグワード。「エンジニア転職 40代」というような複合キーワードがロングテールキーワードです。

ビッグワードは検索数が多く、Google検索の上位に表示されることが難しいキーワードです。ライバルサイトの多くがビッグワードを狙ってコンテンツを作っているからです。

ポータルサイトビジネスで重要になるのはロングテールキーワードの検索でどれだけGoogle検索の上位に表示されるコンテンツを作れるかになります。

ロングテールは検索数は少なく、競合するコンテンツも少ないです。そのため、ビッグワードに比べるとGoogle検索の上位に表示されやすいです。ロングテールキーワードからポータルサイトのコンテンツに流すことでアクセスを集めることが成功の鍵になります。

質 × 網羅性 = ポータルサイトビジネスの成功

ポータルサイトのテーマに関するコンテンツを全て「満たす」ことがポータルサイトビジネスの成功に繋がります。「満たす」とは、検索者が抱える悩みを「全て解決してくれる」ということです。

テーマについて日本一詳しいサイトを作れば良いわけではありません。あくまで、「ユーザの悩みをすべて解決できれば良い」のです。

「このサイトを読めば悩みを解決できる」という信頼を勝ち取ることでポータルサイトビジネスは成功します。

まとめ

ここでは人気サイト、つまり「検索者にとって有益なサイト」を作るためのポイントを説明してきました。人気サイトを作るには「有益な情報だけを発信する」「情報の出し惜しみをしない」ことが重要です。

また、ポータルサイトビジネスにおいては「ロングテールキーワード」を攻略することが成功の鍵となります。ロングテールキーワードは検索者の悩みがより具体的にわかるため、その悩みをピンポイントで解決するコンテンツを作ることであなたのサイトは検索者にとって悩みを解決してくれるサイトになります。

最後に、コンテンツの質と同様に「網羅性」も重要です。検索ユーザの悩みを「すべて」解決してくれなければ良いサイトではありません。ユーザの悩みを解決するサイトではなく「ユーザの悩みをすべて解決する」サイトを目指しましょう。

次に読むべきページ 「ポータルサイトビジネスを行うためのマインドセット