ポータルサイトビジネス実践講座

コンテンツのクオリティを上げるための構成案の作り方

 

ポータルサイトビジネスを始めてすぐの時期は「とにかく記事を書く」ことを意識してください。多くの人は最初の1記事も書かずに「自分には無理」と諦めてしまいます。

どんな人でもいきなり良い記事が書けることはありません。とにかく手を動かし、10記事まではかなり苦労しますが、書き終えてください。

記事を10記事ほど書くと「以前よりライティングのスキルが上がっている」と気づくはずです。そこからはある程度「クオリティ」を意識して書くようにしてください。

ポータルサイトが完成する記事数の目安は100記事ですが、「とにかく100記事書く」という姿勢では残念ながら「儲かるサイト」はできません。

ただ、「どうやって記事のクオリティを上げれば良いの?」と悩む人は多いです。そこでここでは、コンテンツのクオリティを一段上げるための「構成案」の作り方を解説します。

コンテンツの質の8割は「構成」で決まります。構成案の作り方をマスターして質の高い、儲かるサイトにしていきましょう。

構成案とは?

・構成案=コンテンツの目次と考える

o 設計図がなければ理想通りのコンテンツが作れない

o 設計図(目次)が決まれば、あとは穴埋めするだけで理想通りのコンテンツが作成できる

o キーワードに対する、「ユーザーが知りたい情報」を明確化できる

なぜ構成案が必要なのか?

構成案がなければ、まとまりのない文章になる

o 「何を書けば良いかわからない」状態に陥る

o 関係のない余分な話を書いてしまう(一貫性がない)。1コンテンツ1テーマを守れない

o 結局、なにを言いたいのかわからないコンテンツが完成する

o 結果、誰にも読まれないゴミ記事が完成する……

記事の執筆が楽になる

・構成案が記事の8割

o 出来上がった構成案(目次)に対して、 穴埋めしていくだけ

サジェストキーワードだけでは記事を書けない

構成案作成の手順

① Googleサジェストからキーワードを選定
② 仮タイトルをつける
③ リサーチをしつつ構成案を作成する

手順①:キーワードを選定する

手順②:仮タイトルをつける

タイトルに検索キーワードを全部含める必要はない

手順③:リサーチを元に構成案を作成

Googleの上位サイトから検索意図を明確にする

パクリサイトにならないように注意

伝えたい内容を決めて見出しをつける

構成案を作成するときの注意点

構成案完成したら穴埋めをするように文章を書く